人気ブログランキング |

密教1288 祈祷行脚

不思議思考の誤り

当院にはお陰様で信徒さんも順調に増え、古くからの弟子を加えると膨大な人々であります。
中には不思議思考な者も居りますが、不思議思考と言っても可愛いものである。

私が真剣に教えれば、判る程度であります。
では何故?不思議思考が誤りなのかを以下に述べて参ります。

例えば、狐や狸の霊に取り憑かれたと大騒ぎし、事件にまで発展してしまうのか、
それは、無知ゆえの誤りである。
過去に重大事件に発展したある出来があります。
【加持祈祷事件、興味のある方は検索するが良かろう】

最も重要な事は、行う側の理性と智慧と経験である。
密教學は勿論だが、心霊學を疎かにする者に真の加持祈祷は行え無い。
何故か
双方は大切な両輪なのである。

狐【野狐】狸やその他の動物霊は、本来、この世に生を受けた事の無い自然霊であるからして【情】情けと言う感情を持ち合わして居ないので、無機質なのである。

昨今の人間界でも多々、見受けられる現象である。

人間には理性があり、學ぶ自由も選択も当然ある。
しかし、不思議思考に偏りすぎれば本質を見失い、とんでもない道に迷い込む事が多々ある。

智慧や理性を持ってしても、どうしても理解出来無い場合には私は寄り添います。
もがき苦しむ前にご相談ください、共に考え答えを模索して行きましょう。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


「霊」「オカルト」「精神世界」「スピリチュアル」など、
目に見えない世界に興味を持ち、何が正しいのかもわからず傾倒してしまうと
不思議思考に染まりやすいのではないか…と思います。
そして、それらは一体なんであるのかという「本質」を理解しないまま、商売を始めてしまう人がいるという現実がある。
これが、危険なのではないかとも思います。

例えば、チャネリング、ダウンジング、カードリーディング、
これらは、コックリさんとなんら変わらぬ降霊術であり、本来、危険なものなのです。
天使や高次元の存在からのメッセージといいますが、それが天使なのか悪霊なのか(悪霊は「悪意」を持って善霊の振りをします)は、おそらく受け取っている側は、わかってはいないのではないでしょうか。

相談先を間違えると「自称霊能者」「自称チャネラー」諸共、悪霊の餌食になりかねません。

不思議思考に傾倒する危険性を認識することは、自分の身を守ることにつながるのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉



***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-11-17 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1287 疑心暗鬼

人間は一度、疑心暗鬼に落ち入ると、ありもしない事に怯えたり
実際に痛みを覚えたりする場合があります。

特に傾向が強く出るのが、人間が人間に対する暗示である。
解り易く言えば、呪いを掛けた掛けられたと云う事である。
今日は呪いについての疑問に答えて参ります。

e0392769_18144183.jpg

【人を呪わば穴二つ】依頼した者も同罪である!
【呪い返しは十倍返し】そんな危険を承知で出来ますか?

密教は呪術の本家であるが、正に人をしあわせに誘う呪術である。
その反面、呪いの専門家でもある。

何故か
正邪を合わせ學びを深めねば、本当の邪に対抗出来ないからである【清濁併せ持つ】
綺麗事だけでは、片手落ちである。

口で言うのは簡単だが、理論だけでは到底、到達出来無い事は言うまでも無い。
智力、胆力、精神力の一つでも欠けて居れば、極める事は不可能である。

呪いを掛けられたと信じている人は多いが、ほとんどの事例は暗示に依る疑心暗鬼が原因である。
しかし、人間は一度思い込むと、中々その状態から抜け出る事は難しいのも事実です。

私は悩む人達に言います。
先ずは怖がらず、理性的に科学的に判断して下さい。
大切なお金、一生懸命に働き得たお金、詐欺やインチキに取られる前に、
あなたが冷静に判断する事が大切なのです。

人を不安にする、人を脅かす者は、詐欺師、インチキ霊商売である。
正しき者は人を安心に導く様に努力をするが、悪しき者は不安を煽り商売に繋げようとします。

冷静に判断して下さい。
当院は皆さんに寄り添います。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


なんだか調子が悪い…
最近、恋人との仲がうまくいかない…
金回りが悪くなった気がする…

こんな風に現状に不安を感じるときに『もしかしたら呪いや生霊のせいかもしれない』と
考えてしまう人は、もしかしたら多いのでしょうか。

一般的に、人はうまくいっているときには、自分の力だと思うものですが
うまくいかないときには、自分のせいだと思わず、運の悪さだと思ったり、何かに呪われてる、
祟られてるのではと、原因を外に求めてしまいがちだと思います。

しかし、そんなときこそ冷静さが必要です。
人の不幸は蜜の味とばかりに、その不安につけこもうとしている輩もいるのですから。

なかなか難しいことかもしれませんが、不安ばかりに目をむけずに、気分転換をして楽しむことや、うまくいかない原因を自分の内に見つけることも大切です。


今日もありがとうございます

慈葉



***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-11-16 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1286 選択の自由

正邪を選ぶも自由である。
以下は私の経験談である。

私は、武術家の家系の生まれ、幼い頃から武芸に親しんで参りました。
そのお陰で様々な流派の総帥に師事を賜わり、将来を武術家として生きる事を約束されておりました。

しかし、運命の悪戯か二十歳の時、両親が相次いで他界、
その後の私の人生は、大きく変貌を遂げる事に成りました。

一時期、私は荒れました。
腕に自信もあり、ボディガードを生業にした時もあります。
その頃に出逢ったのが今は亡き恩師である。


恩師との出逢いが無ければ、私は犯罪者に成って居たかもしれません。
私の恩師は僧侶だが、剣の達人であり、奥様は心底優しい方でした。

人間は出逢いに寄っても変わりますが、選択するのも自分なのである。
正邪選択、他人のせいにするのは卑怯者の言い逃れに過ぎ無い。
本質は全て我が身の選択である。

辛ければ泣き、寂しければ友を求め、しもじければ働き糧を得る。
簡単な事である。
但し、全てを他人任にし、他人を羨み、他人を呪う者に明日は無い。

人生に貴賎は無い。
あるのは、生き方で心根の正邪である。
母の胎内に宿り生まれ出し頃は、正に天使の誕生である。

心ある者なら私が言いたい事は、お解り頂けると考えます。
全ては自由である。
しかし、本当の自由には責任が伴う事を忘れては、自由では無く無責任である。
本気で自由を語るならば、責任主体を知る者であるべきである。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


自分の失敗や過ちを、誰かの、何かのせいにしていれば、人生はとても楽でしょう。
挙句、自分は被害者なのだと、悲劇の主人公を気取り、同情を集めることが出来れば
いいかげんな自分をうまく隠し、人生は楽なものだと思ってしまうのではないでしょうか。

なぜなら、そこに責任が存在しないからです。

真摯な人は、責を負う覚悟があるから、迂闊なことはしないのです。

不正や不義理を働いても、泣けば許されると思っていたり、形だけ謝って、心のなかで舌を出しているような人は、必ずその化けの皮を剥がされる時がくるでしょう。
調子に乗った分だけ、落とされる勢いは増すのです。


今日もありがとうございます

慈葉



***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-11-15 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1285 ②今世の因縁

法華経と言う経典を読むと、お解り頂けると想いますが、
正に因果応報、原因結果に尽きる事がお解り頂けると考えます。

因縁果、原因が無ければ結果も生じ無い、読んで字の如しである。
善因善果、悪因悪果、良い種を撒き続ければ、必ずや良い芽が出て参ります。
昔のことわざに「撒かぬ種は生えぬ」とありますが、正にその通りです。
霊的観点から考えても同じである。
棚からぼた餅など最初から無いのである。

大人になり切れて居ない者が、結果、子供を作り生まれ、
邪魔に成り虐待の挙句、死に至らしめてしまう。
そして、言い訳が「躾けのつもりだった」馬鹿げた言い訳にならない言い訳に終始する者達。

今世の因縁は全て自分が撒いた種であり、結果なのである。
上記の理論を百万遍説いても、反省の無い者には馬の耳に念仏であろうが、
言い続ける事で理解に繋がると信じ、私は書いている。
理解、反省があるから理性が生まれるのである。

今、苦しみの渦中にある方、まずは振り返って下さい。
誰に原因があるのかなどの他人事では無い、先ずは自身のあり方を振り返って下さい。

しかし、絶望は必要有りません。
あなたが反省した時、必ず救いがあります。
それが解脱の第一歩なのです。
悲観、絶望からは何も生まれません。

反省こそ素晴らしい妙薬である。
この妙薬はとても苦いで有ろうが、率先して呑む事に依り心の病は癒えて行くのです。
妙薬口に苦し、反省を自覚した者しかこの妙薬を口にする事は出来ません。

奢り昂る者につける薬無し。
あなたは、選ばれた霊界の代表選手なのである。
胸を張り、堂々と自らの道を歩む時、あなただけのゴールが待って居るのだから。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


反省をするには、自分が間違ったことや悪いことをした、という
認識がなければいけません。
罪悪感が欠如している者や、特権意識が強い者に、反省を促すのは大変なことであろうと
思います…。

理性よりも感情が優先し、さらに理性のタガが外れやすい(キレやすい)というのは、
昨今の犯罪者の特徴ではないでしょうか。
自分本位な考え方や、我慢や忍耐とは無縁で抑えがきかないというのは非常に危うく
その心の隙に「魔」が入り込むのは、容易いことと思います。

我が身を振り返り、弱さや過ちを認め、何がいけなかったのかを考えることは
ある意味「魔」から身を守るための自己防衛手段ともいえるのではないでしょうか。
自分自身を正しく見つめる心の眼を持つ、または、その眼を養う努力をすることが
理性をはぐくむことと思います。


今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-11-14 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1284 世の因縁、前世の因縁

以下は分けてお話しする方が、皆さんに依り深くお分かり頂けると考え
二部構成でお話しを進めて参ります。 

①前世の因縁

貧富の差を因縁と勘違いする人は多いが、それは勘違いである。
貧富の差は、生まれる前に自身が選択した學びの場である。

前世の因縁とは、性である【性格】
他人の不幸を観て安心する者、自身依り良い者を妬み誹謗中傷する者、
イジメ、犯罪に走る者、正に醜さを心の中に持つ者である。

人間は前世で犯した事を、今世で訂正し、是正する為に生まれて来るのである。
それを性【性格】のままに生きる事は、全く理解して居ないから繰り返すのである。
其処には反省も學びも無い。
従って、心の闇が発生するのである。
誰かが間違えれば揚げ足を取り、相手を落としめる行為も同じ穴のムジナであり
決して優れて居る訳では無い。
勝ち誇りたいだけの姑息な行為に過ぎ無いのである。

姑息な者に安心感は無い。
常に怯え、他人の眼だけに気を配り生きる生き方は、しあわせですか?
可もなく不可も無く、不足を云うでも無く、多くを望むでも無い生き方こそ
本当のしあわせを実感できるのでは無いでしょうか。

霊的に視れば、前世の因縁は學びなのである。
悪い想い癖を治して、反省と自覚を自らに擦り込み、理性を身につける絶好のチャンスなのである。

高齢者に成っても未だ反省も無く、自らが犯した罪を車の性能に転換する者も居るのである。
前世の因縁のままに生きれば、必ず後悔する時が訪れます。
後悔も反省も無い場合は、次の世で解るまで復習を繰り返し、履修する事に絶対に成るのである。

しあわせは自らが築き、不幸は因縁のままに生きた結果である。
次回は、今世の因縁について語って参ります。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


正に醜さを心の中に持つ者である

100%善の人間は存在しません。(生まれ変わり學ぶ必要がないため)
人は誰もが、多かれ少なかれ、心に醜さを宿しています。

日々の生活のなかで、他人の幸せを素直に喜べない自分に気付いた時、どうするか?
自分のなかにあるやましさに気付いた時、どうするのか?
こういった場面に遭遇したときは、闇に飲み込まれるのか、光さす方向へ歩き出せるかの
分かれ道なのだと思います。

憎悪に身を焼き、他者を傷つけても、結果、得られるものは何もありません。
新たな因縁を作り、後悔しても後のまつりです。

苦しみを受け止め、乗り越えたいと願うとき、そこには必ず御仏が寄り添ってくださるのだと思います。
孤独や絶望に打ちひしがれそうになっても、心に仏様を思うとき
一筋の光明が差す思いがするのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-11-13 06:00 | 永作師僧からの便り

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る