人気ブログランキング |

密教1082 死するとは


e0392769_19153351.jpg

人間として生を受け死せぬ者は居ない。

では何故に死を恐れるのか?

真実を知らないからである。
人間は現界に生まれた時、産声を上げ泣く事から始まる。
では何故泣くのか
それは恐怖心からである。
【自分は大変な事を決断してしまった、怖くて、怖くて堪らない】
そして、母に抱かれ母の優しい温もりに安堵した赤ちゃんは眠りにつくのです。


やがて年月を重ね、欲望を覚え自らの中に価値観を形成し、
それぞれの人生の歩みを進めて行きます。
幼年期、青年期、中年期、壮年期、老年期を重ね、やがて死期を迎える事に成る。
その時、學び薄く自己の欲望の赴くままに生きた者は、死を恐れ葛藤するであろう。


簡単明瞭に言えば、死とは元の故郷に帰るだけなのである。
しかし現界の欲にまみれた者は、學びを馬鹿にし拒否するであろう。
結果、死の恐怖に身を置く事に成るのである。


霊的學びをした事の無い方でも、霊界を理解して居る人を私は大勢存じ上げております。
その方々に共通して感じる事がある。
執着心が無いのである。
正に達観し、あるがままを受け入れる。
損も得も無い境涯である。

人間生まれた時も丸裸、死する時も何一つとして【物品】持ち帰る事は出来無い。
但し、自身が経験し學び得た智慧を感動に転化し、霊界で待つ仲間の土産にする事が出来る。
正に最高の土産を持って帰郷するのです。


上記を正しく理解し今を生きる事は人生、自分を輝かせる最高の學びと私は考えます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


肉体を持ってこの世に産まれ出たときから、いずれ「肉体的な死」を迎えることは
必ず決まっています。
これは、言い換えれば「魂の里帰り」です。
次元が異なるために、肉体を有していては帰れない故郷へ
現世で得た感動を土産に帰郷するのだと考えれば、今生の別れの辛さのなかに、
ほんの少しでも救いを見出せるのではないでしょうか。

自分自身が霊的真理を學び、知識をつけることも大切ですが
愛する家族や友人、恋人と、自分を取り巻く繋がりを大切にし
彼等がやがて来る旅立ちの時に後悔しないように、霊的な生き方を示すことも大切なのかもしれません。

葬儀とは、卒業式なのかもしれませんね。

今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-04-24 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1081 生きるとは

長い登り坂を登るが如しである。
焦って駆け上がろうとしても、途中で疲労困憊するであろう。

e0392769_16540642.jpg

身体も元気で、心も気力も充実して居る時は感じ無い疲れでも
ひとたび疲れに負ければ疲弊するのが人間である。

自分が発した覚えが無くても苦労はやって来る時があるが、
それは避けられない人生の試練なのである。

人間にとって一番の誤りは、他人を羨む事である。
ひと【他人】が裕福で有ろうと自分には、関わり無い事である。
そしてもう一つの誤りは、ひとの貧を観て自分は大丈夫と比べるは、誠に情け無い考え方と言わざるを得ない。

貧富の差などで人の優劣を計る事など必要が無い。
何故ならば人間にとって優劣を計る暇があるならば、自分の心を磨く事である。


人は何故、生まれ何故生きるのか?
それは前生【前世】で學べ無かった事を今生【現世】で學ぶ為に戻って来たからである。
時代、地域、親、環境、性別、全て自分で決めて生まれて来たのである。

e0392769_11321269.jpg


それを自分は金持ちの家に生まれたかった、自分は美形に生まれたかった、何々に生まれたかったは、全て自分を否定する事に繋がり、良い結果には繋がりません。


人間はあるがままの自分なのである。
學び磨く時、何倍にも自分を輝かせる事が出来ます。

歳を重ねれば、美も衰え金の力で美食に走っても、食欲は減退するのである。
私達に必要なのは、智性と理性だと私は考えます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



今の境遇は、自分が決めてきたことだと思えば、誰を恨むこともないのではないでしょうか。
「生まれてくる前のことなどわからない、知らない」といっても
「今」は「過去」の積み重ねであると考えれば、「今の状況」は、すべて自分の選択してきた結果と言えると思います。

自分の人生をより生きやすくしていくのは、結局は自分自身なのです。
上手く行かないことや辛いことを誰かのせいにして現実逃避をしていても
落とし前をつけるのは、自分だということを忘れないでいたいですね。


今日もありがとうございます

慈葉





***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-04-23 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1080 命の授業②


事件事故、自殺に依り亡くなった人々の数を数えると恐ろしいと考えます。
何故か
それは負の数【無念な思い】が充満する時、日本の因縁に繋がるのである。


e0392769_20094204.jpg


以下は、皆さんも一緒に考えて下さい。

あれだけ新聞やニュースで騒がれても止まない、イジメ問題や誹謗中傷、虐待事件は何故繰り替えされるのか。

心が病んで居る証拠と私は考えます。
食べる事に不自由をして居る訳でも無いのに、他人をイジメる行為は、心が荒みきった者がやる行為に他ならない。

しあわせな人はイジメをしない、しあわせな人は誹謗中傷もしない。
犯罪は人の心を忘却した者が犯す。


いわゆる日本人の多くが供養心を忘れ、戦争を過去の事とした時、忘れられた者は、成仏できるであろうか?

先祖の供養も同じである。

墓じまい【墓捨て】墓参りが遠方で難しいのであれば、家族が協力して、墓の移転をすれば良いのである。
夫婦二人なら、墓の管理料を三十年分前払しておけば無縁扱いには、成りません。
では、何故三十年か?
それは普通三十三〜五十回忌で弔い上げ【といあげ】と言い、それ以降の年回忌をしなくても御先祖様は、極楽浄土に行かれたと解釈するからです。

e0392769_19254137.jpg

では、墓の管理料を年間で言えば、普通は年間三千円位が普通である。
【寺の中にある墓地は、其処の寺に寄って異なります】
墓を移転もせずに墓じまいなる、墓捨てをする事は、私は良く無いと考えます。

全ては自由であるが、本当の自由とは、何かを考える必要があるのでは、ないだろうか。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


「自分さえよければ」という利己的な心や態度
「死んだら終わり」と考える霊的無知

もちろんこれだけではありませんが、心が荒む原因としてあげられるものではないかと思います。

他者を思い遣る気持ちがあれば、いじめや誹謗中傷は出来ないし、
御先祖さまを敬う気持ちがあれば、お墓を「捨てる」よりも、故人のために違う選択肢を選べると思います。

今を生きる私達に足りないものは、利他心。
他を思い遣る心、痛みを想像する力が求められているのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-04-22 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1079 命の授業

戦時中の日本には、隠れた悲しみが渦巻いていた。
以下は私が伝え聴いた悲しい話しの一つである。


戦時中、子供達を守る為、集団疎開が実施されました。
親と別れ引率の教師に連れられ子供達の集団生活は、物資の無い時代、過酷を極めました。
それでも子供達は健気に耐えて、家に帰れる日を信じ耐え続け、そして終戦を迎えます。
子供達は、優しかった親元に戻れる喜びで胸は、いっぱいです。
親が迎えに来て帰れる子供は幸せでした。
しかし待てど暮らせど迎えが無い子供達は、実家を目指して帰りました。


そして見た光景は、焼け野原と化した現実である。

e0392769_02331190.jpg

戸惑いどうする事も出来無い現実、至る所に死体の山が築かれ荼毘に付されるのを待って居るかの如く、兄弟で集団疎開した子供達も居ました。
兄は妹を守り、妹は兄に従い親類の家を探しましたが、東京は、焼け野原と化し解るはずも無い。
子供達は栄養不良と空腹の中で、一人倒れ、二人倒れ、亡くなって行きました。

e0392769_02332367.jpg


そんな時代だったと片付けてしまえば簡単だが、魂の叫びは未だ止まない。
私達は今、平和の中にあるが忘れては、行けない。
この平和は、尊い犠牲になられた人達の上に築かれて居る事を。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


戦争やテロといった、肥大したエゴで命を突然奪われる衝撃と悲しみはいかばかりかと思います。
今を生きる私たちに出来ることは、犠牲者の皆様を悼み安らかであれと祈ることと
同じ事を繰り返さないために行動することだと思います。

今日の記事を読んで、子供達の胸の内に思いを馳せ、自分の身に置き換えて想像し
様々な想いを感じることも「命の授業」の学習になるのではないでしょうか。

今日もありがとうございます

慈葉
  

***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-04-21 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1078 心靈研究

e0392769_09544050.jpg


私が心靈研究を始めたキッカケは、父母の死に直面した後からである。
幼い頃から我が身の能力に、苦しみ、悩み迷走して居りました。

何故か?
父母がいつ頃亡くなるかを知っていたのである。
そして死に直面した時、自分の無力さに泣きました。

知っていたのに何も出来ない自分、
何故なんだと自問自答するばかりで答えが分からないもどかしさ、
その時代に教えてくれるものは、居なかった。


居ても高額な料金の壁に断念せざるを得ない現実が私を苦しめました。
運命の出逢い、それは、恩師金田道跡師僧との御縁である。
私は、師僧の直弟子にさせて頂き多くの事を學ばせて頂きました。

ある時は優しく、ある時はお叱りを頂き、ある時は寛大に送り出して頂きました。
師僧の寛大さがあったればこそ、今の私が存在、出来たのである。
各分野の先生にご指導を賜り、心靈とは何か、生きるとは何かを學ばせて頂きました。


心靈研究とは、虚仮威しのまやかしでは断じて有りません。
心靈研究とは、真摯に受け止め學ぶ姿勢と探究心が無ければ叶いません。
私は、終生をこの研究と普及に努めて参ります。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


日本は、欧米に比べて心霊分野の研究が進んでいないことから
「死ねば終わり」という考え方が蔓延しているような気がします。

魂とは何か、肉体を持つ意味とは、死んだらどうなるのか、ということを
真面目に考えたことがあるという人は、どれほどいるのでしょうか。
そして、正しく理解している人、または、理解しようとしている人はどれだけいるのでしょうか。

霊的真理を學ぶキッカケは、人それぞれかもしれません。
宗教から嵌ったり、自己啓発や超能力、霊能力の開花を目指して様々な情報を得ていくなかで、
その分野に興味を持つこともあると思います。
特にネットの世界では、無数の情報が錯綜しています。
端末の向こうの出処のわからない情報に振り回されたり、独りよがりな思想に傾倒しないよう注意が必要と思います。

私は、師僧のブログに出会い、何年前の記事を遡ってもブレない内容に「真実」を見たような気が致しました。
本物の言葉は、何時までも色褪せることなく、それを求める者に優しく語り掛けてくれるのだと思います。


今日もありがとうございます

慈葉



***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



# by jiyou-925 | 2019-04-20 06:00 | 永作師僧からの便り

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る