人気ブログランキング |

密教1303 祈祷


密教1303 祈祷_e0392769_20583455.jpg

当院は皆様ご存知の様に、祈祷専門寺であります。
毎日様々な祈祷依頼をお受けしておりますが、中でも多い祈祷依頼が
呪いに関する相談と依頼である【呪い返し】
しかし、半数以上は思い過ごしであるのも事実である。


呪いについて一言、言って置けば、現在、日本で真剣に呪いを掛けられる術者は
ほとんど居ないと言える。
何故か
真剣な呪いは、我が身と引き換えに行う故に、無事で居る訳が無いからである。


私は長年、祈祷専門僧として活動して来て、呪いの法も熟知して居るが
実行は依頼が有ろうとお断りして居る。

例えば、奥さんも子供も居る男性を好きになり、その夫婦を別れさせ
自分の所へ来る様にして欲しいと云う依頼も呪いであるからして、
出来るが、この類いは全てお断りして居る。

それから、金持ちに成りたいと云う願望は誰にでもある。
それは悪い事では無い、努力を重ね築き上げる事は最高である。

公開は出来無いが、密教には加持祈祷で富を得る法が幾つかあるが
正当な法はまだ良いが、自らの私利私欲、我欲で行う法には、かなりの覚悟が必要と成る。
何故か?
見返りの法則である。
言わば楽あれば苦あり、全ての現象には表裏が原則として存在するからである。

強い念の力は様々な現象をも引き寄せるが、言わば善いも悪いも引き寄せる原因にも
成るのである。
従って、軽はずみな行動が元で、取り返しのつかない事を引き寄せる事にも成るのである。

その典型的な例が呪いである。
人を呪わば穴二つの言葉がある様に、無事では済まないのが他を呪う心である。
嫌なら見ず、嫌いなら離れる、腹が立ったら綺麗なものを観賞し
心を和ませ忘れる事が最良である。

澱んだ心には良いものは芽生えぬ。
澄んだ心には真実が視えるのである。

人生は如何に澄んだ心を成長させ、生き抜くかが課題と考えます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


呪いにしても、富を得る法にしても、”自分が楽になりたい、自分の得になればいい”というような「自分本位の欲求」だけで出来るものではないということですね。

自分さえ助かれば、自分さえ幸せになれれば…という思いのなかには
”だから他人はどうなってもいい”という含みがあります。
それは澱みのある心で思うことですよね。
しかも、自分で手は下したくないから「祈祷」という手段を用いて、
自分に有利な状況を作ろうとするのではないでしょうか。

自分が幸せになるには、誰かの足を引っ張らなければいけないと思っているなら
それは心が澱んでいる証拠です。

幸せになりたいと思うのは、誰しも同じです。
棚ぼたで得た幸せと、努力が実って得た幸せでは、きっと「強度」が違うのではないでしょうか。
視野を広げることで、長続きする幸せを得る方法が見えてくるのだと思います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-12-02 06:00 | 永作師僧からの便り

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る