人気ブログランキング |

カテゴリ:メールマガジンのご案内( 2 )

赤不動明王院発行のメールマガジン


【本山 赤不動明王院のメールマガジン】


密教の無料メールマガジン
◎赤不動明王院院主永作優三輝がお届けする、密教の無料メールマガジン。
『今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧』(全38通)

*どなたでもご購読頂けます

*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。


*登録の翌週月曜日から毎週1通ずつ月曜日12時に配信されます




密教の有料メールマガジン(月額3000円)
◎赤不動明王院院主永作優三輝がお届けする、密教の有料メールマガジン。
『新生密教塾2017』
No.1~No.130
*どなたでもご購読頂けます
*戒名を授かった方はご登録ください。フォローアップの対象となります。
*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。

▶▶▶それ以降は『新生密教塾2018』へ再登録いただくことになりました。
No.131~





【分院 眞澄稲荷のメールマガジン】

無料メールマガジン
◎赤不動明王院分院 眞澄稲荷がお届けする、密教の無料メールマガジン。全180通
眞澄稲荷 白狐通信

*どなたでもご購読頂けます

*こちらは基本的に不定期配信です。

*ステップメールですから、いつ登録しても必ず1通目から配信されます。
ご登録後、毎日18時に1通ずつ配信されます。
▶▶▶それ以降は『白狐通信2018』へ再登録いただくことになりました。
No.181~





by jiyou-925 | 2018-02-04 15:00 | メールマガジンのご案内

密教塾について

密教塾について、姉弟子の慈優さんがお問い合わせのメールに応える形で

まとめられていますのでご紹介致します。

入塾を希望される方のご参考になると思いますので、どうぞご一読ください。



密教塾は月謝3000円のメールマガジンです。

時々、行者でも僧侶でもない人間が入会・購読しても良いのでしょうか。
インターネット等で印や真言を見聞きして、
自己流でやることは危険であると読んだことがありますが、問題はないのでしょうか。
メールによる自習で術技を習得できるのでしょうか。
といったご質問を賜ります。

その都度、個人的にわたくし慈優からお返事を差し上げておりますが、
ちょうどよい機会でもありますから、個人的に送信した私のメールを元に
ご説明させて頂きたく存じます。

密教塾へのお問合せをありがとう存じます。

密教塾では、印の伝授は致しておりません。
仰るように、見よう見まねでやることは大変危険が伴います。
わたくしもこれまでに様々な法の伝授を受けて参りましたが、
そこには以前本で読んだり、
インターネットで調べた時にはなかった
「あること」が必ずついてきました。
それが口伝であり、秘法の部分です。

車を動かすのにガソリンが必要なように、
本当に必要なことは表に出せない世界です。
だから、その「あること」が省略された情報をかき集めてパッチワークしても、
法を行うことは不可能です。
出来たとしても、良くないものと感応するでしょう。

我々の処には、日々様々な疑問質問がやって参ります。
それは、長年の修行や口伝によって得た知識を「下さい」というのと等しい事柄であることが多いのです。

決して出し惜しみしていたり、その秘法でお金儲けをもくろんでいるのではありませんが、 時として、血の涙を流して得た経験や知識を、どこの誰ともわからない人に簡単に口外出来るものでもありません。

そこで、「お金を払ってでも質疑応答をしてほしい。自分が知りたかった先祖供養のやり方や、 逆に素人がしてはいけない霊事のマナーなどを教えてほしい」と仰る方を対象に、新密教塾を立ち上げました。

本当に修行を望まれる方への広報活動も、
この半分閉じた密教塾内で発信する事としております。
ですから、そうした道に行きたくない方は、伝授希望者を募るような内容の通信があった時にはスルーで構いません。

密教塾で共有できる公開事項については、奥義への「入口」に過ぎない。とお考えください。

また「こういう事が知りたいけれども教えてもらえるだろうか」といった問い合わせにも、 この塾生からのものであれば可能な範囲で伝授しています。
それは行者でなくても唱えていいもの。行って良いもの。と
永作僧侶が判断したものに限られます。

また、参加することは、真面目に學ぶことへの意思表明があるということになりますので、 密教の秘密の法具等も添付資料として配信致しております。
最高級の素材を用いて、一流の職人が仕上げた法具は一見の価値があるものと存じます。

これまでの流れですが、何らかの真言や法を無責任に、かつ虚栄心を満足させる目的でまき散らす(;'∀')という目的ではなく、霊的真理を学んでほしいという阿闍梨からの語り掛け(ブログよりも濃く、ピンポイントのもの)で構成されております。


御返事になっておりますでしょうか。
ありがとうございます。
後藤慈優



by jiyou-925 | 2017-04-24 06:00 | メールマガジンのご案内

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る