人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

密教941 感謝と反省

人間に生まれ、しあわせを望まない人は皆無であろう。
しかし、しあわせの定義は曖昧である。
ある人は、少しの事でもしあわせを感じる。
ある人は、使い切れないほどの財産があっても、財産を違法に隠し逮捕される。

その差は何であろうか?
価値観の違いは、しあわせ【幸福感】まで変えてしまうのか。
今、私達は岐路にあります。

密教941 感謝と反省_e0392769_21371824.jpg

このまま誤った価値観を持ち続け、未来に進むのか。
俯瞰し、感謝と反省を実践して真の価値観に目覚め、人生を豊かに導くか。
全て自己の選択である。

上記を物質的価値観と定義し下記を心の価値観とした時、あなたはどちらを良しとしますか?。
この選択は、後の人生を大きく左右する事になります。

小さなしあわせを喜べない者は、真のしあわせを味わう事はないであろう。
大きなしあわせを望む者は、たとえ大きなしあわせが舞い降りて、も掴む事も感じる事もないであろう。

人間の欲望ほど果てしないものはない。
一を得れば十を望み、十を得れば、百、千、億、兆を望むであろう。
上記を貧乏人のひがみと捉えるも良し。
傲慢の池に泳ぐが良い。

この記事の答えは、密教塾にて明らかにします。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


物質的価値観に支配されていると、真の満足感を得ることはないのではないでしょうか。
毎日を「当たり前」に過ごせることが、実はどんなに有り難いことかに氣づいた人は
真のしあわせを知る人なのだと思います。

日常の至る所に、しあわせは溢れているものなのですから、
しあわせを手放すような真似はせず、常に反省と感謝を忘れずにいたいと思います。

今日もありがとうございます

慈葉

***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-29 22:35 | 永作師僧からの便り

密教940 捨て神、墓捨て


密教940 捨て神、墓捨て_e0392769_19161315.jpg

尊び敬う事は、その人の心を成長させます。
その逆に、自分は助けて貰えないから神も捨てる、墓は要らない面倒だと考えて墓捨てをする。
それは、結果的に全てを捨てた事になり、その後の人生に多大な影響を及ぼします。
【捨てれば、捨てられる】


そんな馬鹿な事はない、と思う方は、自分が思うようにやれば良い。
但し、後悔先に立たずを忘れてはならない。
自分から捨てた事をやり直すには、何倍もの努力が必要となります。

例えば、仕事、結婚、家。
全ては努力の結晶である。
それを、自分の思い通りにならないから辞める捨てる、は覚悟が必要である。


私は家族の死によって、何度も何度もやり直す場面に直面して参りました。
幾度も死と向き合っては自問自答し、人とは、何故生きるのか。
その答えを探し求め、10年の歳月を費やした時代もありました。

悲しい時には悲しさが重なり、苦しい時には苦しみが重なり、
貧しさ故空腹に耐えた日も幾たびかありました。
しかし私には、強い信仰心が支えになりました。

密教940 捨て神、墓捨て_e0392769_21532750.jpg

当院に来られる相談者の方々も、様々な悩み苦しみを抱えてお出でになられます。
しかし、皆さん打開され、今では笑顔でお詣りになられて居ります。
自分は不幸だと言って居る内は、まだ本当の不幸を理解して居ない証拠である。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


御神仏さまや、御先祖さまからの救いの手というのは、必ずしも自分の望む形で現れるものではないのだと思います。
例えば、金銭的に苦しい時、宝くじに当たるというようなサプライズ的な事ではなく、
周囲からの頂き物のおかげで出費が抑えられたとか、
前月に残業していた手当てで不足分を賄えた…など、一見、そうと感じない形でもたらされる場合の方が多いと思います。

そこで感謝出来るか出来ないか。
感謝出来る人は、御神仏さまや御先祖さまを蔑ろにすることはないのではないでしょうか。
日常に隠された「おかげ」に氣づく時、自分が思い違いをしていたことを知り、
いつも助けられていたことへの感謝、有難いという思いが心の底から湧き出て来ると思います。

今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-29 06:00 | 永作師僧からの便り

密教939 起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半


密教939 起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半_e0392769_20520678.jpg

人間は、どんなに欲をかいても、消費する量は知れた物である。
例えば、私はダイヤが好き、私は純金が好き、私はブランド品が大好き、純金が好きな人ならば、全身に純金を付けて歩けば良い。
歩ける重さでは無い!

ダイヤが好きな人の場合、好きなだけ身に飾れば良い。
当院の支持者の方で、宝石の卸業を営んでおられる社長が教えてくれた事実を、差し支えない部分だけを記します。

ダイヤの相場市場は、全てユダヤ系が支配して居り、ユダヤ系がダイヤを市場に放出すれば大暴落し、価値は地に堕ちるであろう。


私の信条。
私には、理屈や見栄は必要無い。
衣服は、寒くなければ良い。
法衣以外に興味は無い。
法具は本物を追求し、無ければ復元に力を注ぐ。
それは、後進に受け継ぐ為である。

例えば、現在、お大師様の実際にお使いになられた法具を知る方がどれだけおられますか?
本物は本物を知る。

私が言いたいのは、好きか嫌いかである。
本当に自らが好きならば、見せびらかす必要も、他の眼を意識する必要も無いのである。


見栄は欲の始まり。
見栄を捨てれば、自分の好きな事、ものが視えて来ます。

人間は好きな事に出逢う刻、しあわせを味わうのではないでしょうか。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


自分が好きなこと、好きなものであれば、堂々としていていいと思います。
それが、誰にも理解されないことであっても、そんなことは関係ないのですから。
(他者に迷惑がかかることでなければ)

好きな事を大切に出来る人は、自分の芯をしっかりと持っている人だと私は思います。
ただし、自分の価値観を押し付けたり、コレクションを見せびらかしたりという「自慢」の種にしていないか?を、注意しなければいけないのではないでしょうか。
純粋に「自分が好きだからやっている」ことと、「人から羨ましがられたり、凄いと言われるのが好き」だからやっていることとは、違うのですから。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-28 06:00 | 永作師僧からの便り

密教938 心の喪失

心の喪失とは、己が欲望のままに生き行動する事である!
其処には、理性も智慧も存在しない。
あるのは欲望だけである。
密教938 心の喪失_e0392769_18344017.jpg

その最たる見本が犯罪者である。
犯罪者には、理性は無いと断言します。

昨今、心の喪失者が急増して居る事は、皆さんも薄々感じて居るのでは無いでしょうか?
大の大人が中学生2人を殺し、自分の減刑の為ならば、なりふり構わず嘘を並べ立てる浅ましさ。
これが犯罪者の実態である。
正に鬼畜!

では、何故犯罪が発生するのか?
それは、剥き出しの欲望である。

虫が餌に群がり、喰らい尽くすように無機質なのである。
無機質とは、理性、愛、感情の無い状態を言います。

無機質人は、最早人間ではない。
魔物である!

人間に生まれるには、様々な段階を経て現界に生を受けます。
では、同じに生を受けても何故、様々に分かれるのか。
あなたは解りますか。

考えて下さい。
母の胎内に命を宿し、何故、善、悪に分かれるのか。
それは、欲望の台頭に負けたのである。

密教938 心の喪失_e0392769_22241505.jpg

何故、その者達は欲望に負けたのか?
それは、幼い頃から甘やかされ、欲望の抑制が効かない状況下で育てあげられ、
大切な躾がなされて居ないのも要因の一つである。
裕福な家庭に育ち、空腹も知らず育てられた者に、飢餓は耐え難い苦痛である。
人間は、育った環境が左右する事も要因の一つである。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


人間は、誰しも欲望を持っているものです。
欲望を持つのがいけないのではありません。
それを制御できない事が問題なのです。

何故、それができないのかと言えば、やはり師僧が仰るように、幼少期に大切な躾がなされなかったことで、理性を育めなかったり、或いは、長い間抑圧的な環境に置かれていたことの反動であったり、環境が要因の一つとしてあるのだと思います。

しかし、そういった環境で育ったとしても、学校生活や社会生活を送るうえで、友人を持ったり、歴史、芸術、文化など様々なことに触れていくことで、自分で考えたり、人の意見を尊重したりという経験を積むことで、理性と知性を育める人もいます。
大切なのは、何事も環境や人のせいにするのではなく、自分の責任というものを自覚する事ではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉

***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-27 06:00 | 永作師僧からの便り

密教937 心の体幹

現代には、様々な落とし穴が存在して居る。
ある人は落とし穴を見破り回避するが、何故、多くの人が落ちるのか?

密教937 心の体幹_e0392769_19531553.jpg

それは、様々な原因が考えられるでしょう。
①利益と損得勘定が原因の場合が多々ある。
それから、一時の感情の緩みだと考えます。
マインドコントロールも同じ穴である。
自身が俯瞰できる者なれば、全くかからない。幼稚な術策だからである。

私には、マインドコントロールも、条件反射も効かない。
何故ならば、心の体幹を鍛え上げて居るからである。

密教937 心の体幹_e0392769_20574840.jpg

鍛える行為は、身体だけではない。
心も鍛え上げられます。
それは、自身と向き合う覚悟から始まり、自身に妥協せずあくまで真理を求め、
ひたすらに励み學ぶ事から始めれば、誰にでも可能である。
それは、多難でもなんでもありません。
學ぶ心の芽生えである。
自身の心が欲する素直な要求なのである。

真理を知る事は、自身を向上させる原動力と成り、やがて心の体幹を鍛える事へと繋がって行くのである。

心の体幹を鍛える事は、自身に訪れる様々な悩み苦しみをも解決に導くのです。
何度も予習復習を繰り返し學び得た事は、生涯の宝と成り、
幾ら積み上げても重荷にはなりません。
その逆に、全ての苦しみからの解放に繋がるのである。
そして、あなたに残るのは、本当のしあわせを見極める眼なのです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


心も、身体も、鍛え上げるには努力が必要です。
そして、諦めないことが大切なのだと感じています。

困難がやってきた時、最初はうまく回避する術を知らずに、落とし穴に落ちてしまっても、
それを學びに変える、そこから氣づきを得るという訓練を続けることで、心の体幹が鍛えられ、
落とし穴を見極めることが出来るようになるのだと思います。

學び始めると、自分が何につまづきやすいのかという「失敗のパターン」が見えてくると思います。
それを把握できるようになれば、パターンから脱却することができたり、カルマの解消に繋がるのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-26 06:00 | 永作師僧からの便り

密教936 覚醒の刻


密教936 覚醒の刻_e0392769_21265308.jpg

私の幼少期〜青年期は、靈現象に悩ま苦しんだ時代でした。
自分は頭がおかしいと考え、医師の診断も受けました。
結果は正常である。
但し、普通の人には、出づらい脳波が見られる、将来は教祖になるかも知れない、と言われただけでした。
【医師から様々な検査とESPの試験も受けました】

寺にも相談に行きました。
結果は、笑われただけでした。
今なら明確に判断出来る事が、当時では未知の世界だったのである。


そして私は僧侶になり、恩師である師僧に恵まれ、様々な教えを賜わりました。
その結果、心靈學を知り現在に至り、全ての疑問と悩みを解消するに至ったのである。

密教936 覚醒の刻_e0392769_19584986.jpg


私の人生に、もし心靈學が無かったならば、未だ苦しみの境涯に彷徨って居たであろう。
心靈學は、正に千載一遇のチャンスだったのである。

中世で言えば、私は魔女裁判に掛けられて処刑されて居たでしょう。

何故か?
その時代は、理解不能な事は全て排除するしか出来無い、排他的思想が蔓延して居たからである。

學問さえも排除し、一部の権力者の利益を守る為だけに、法がオモチャにされて居た醜い時代である。

心靈學は學問であり、オカルトなどとは無縁であり、學べば學ぶほど深淵であり、真の學びと気付くであろう。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


原因がわからない事が我が身に起こっているという恐怖心がいかほどのものであったのか…
きっとそれは、私の想像などはるかに超える苦しみであったと思います。

誰にも理解されない孤独感や絶望のなかで、師僧が計り知れない努力によって掴み取った真理が本物であったからこそ、こうして今、私達が集い、教えを頂けているのですね。
本当に有り難いことです。

心靈學は学問であり、真理であるからこそ色褪せないものだと思います。
だからこそオカルトや所謂スピリチュアルと混同することなく、真摯に學んでいきたいと思います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-25 06:00 | 永作師僧からの便り

密教935 礼儀、礼節


密教935 礼儀、礼節_e0392769_19593443.jpg

今日、日本固有の文化が失われつつあります。
礼儀、礼節、作法、躾がなって居ない人を眼にする時、この人はどんな生き方をして来たのかと、疑問に感じる事が多々あります。

例えば、車の中からタバコを外に投げ捨てる。
その車には、灰皿が装備されて居ないのか?
灰皿が買えなかったのか?
ならばタバコなど辞めた方が良い。

また、酒を飲み馬鹿げた行為をする者は、酒を飲む資格も無い。
会社で部下にパワハラを行う上司など、人の上に立つ資格が無い。

では何故、上記の様な事が連日の様に、ニュースを賑わすのか。
それは、人間的躾が出来て居ない証拠である。
躾の意味がわからない者に、作法、礼儀、礼節など到底、理解不能で有ろう。


本当の躾とは、読んで字の如く身が美しいと書きます。
身が美しいとは、着飾る事に非ず。
立ち居振る舞いであり美しい心の具現化である。

密教935 礼儀、礼節_e0392769_18554108.jpg

目上の人の話を聞く態度もその一つである。
その態度が出来無いのであれば、退席すれば良い。
但し、その後に来る現実も、我が身に来る事を覚悟しなくてはならない。

利益も不利益も、我が身の振る舞いの果てと受け入れざるを得無いのである。

心の立ち居振る舞いが、必要な時代ではないでしょうか。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


礼儀、礼節とは、相対する相手や、周囲、そして自分自身が不愉快な思いをしないための気配り、目配りではないでしょうか。

例え相手が子供であっても、一人の人間として尊重することが大切で、そうやって育ってきた子供は、尊重することを自然と覚えていくのだと思います。
自分の方が年上だとか、役職が上だとか、先輩だからと「気を遣われて当然」という尊大な態度でいれば、それはハラスメントと言われかねない昨今、ひとりひとりが意識を改めて、お互いが気持ちよくいられるように尊重しあうことが大切なのではないでしょうか。
それは、目下の者にへりくだることとは違うと私は思います。


今日もありがとうございます

慈葉

 
***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-24 06:00 | 永作師僧からの便り

密教934 神話、民話

密教934 神話、民話_e0392769_16582048.jpg

日本には、動物に纏わる逸話が全国に存在して居る事をご存知ですか。

主人を助ける為に戦った動物達の逸話は、今でも語り継がれ、あるものは伝説になり、あるものは教訓と成り現代に残って居ります。

動物は、受けた恩を忘れません。
その逆に、虐待や惨殺された怨みも忘れません。

昨今は、何もしない動物を虐待したり、最初は可愛いから飼ったが、世話が大変だからとか、自分勝手な理由で飼育を放棄する飼い主も存在します。

人間も命が大切なように、動物にも大切な命が宿って居る事を理解していれば、放棄や虐待、惨殺など起こり得るはずなど無いはずである。

密教934 神話、民話_e0392769_17033694.jpg

私は、動物が大好きです。
全て命なのです。
仕事で日本各地に行った時、動物に纏わる逸話、民話を知る機会が多々あります。

そして古【いにしえ】に意識を集中し、検証する時、暖かい力に包まれます。

以前、交霊会の場で、駆け回る犬の靈に遭遇した時、何故靈界へも行かず、駆け回って居るのかを聴いてみました。

飼い主が、毎日自分の名を呼ぶので帰れないと言うので、飼い主に聴いてみました。
飼い主さんは、どうしても忘れられないので、犬の名前を呼んでしまったそうです。

私は飼い主さんに、この子が可愛いのなら、後ろ髪を引く様な事はお辞めなさいと説得し、読経と供に靈界へと送りました。

人間靈でも同じですが、最愛の人を亡くされた悲しみは、なかなか癒えるものでは有りません。

しかし、故人に対して想いが強過ぎて、後ろ髪を引く結果に成る事も少なくないのです。
お心あたりがある方は、ご注意下さい。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


人であれ、動物であれ、心から愛した存在との別れは切なく、喪失感や孤独感から抜け出すのに時間を要するという場合は往々にしてあると思います。
一緒にいた日々、楽しかった事、辛かった事を様々に思い出して涙を流す日々は、
自分の気持ちを整理するための大切な時間だと思います。
ですが、それが故人や亡きペットの成仏の妨げになってしまうのは、誰にとっても本意ではない事でしょう。

今、生きている私達も、いつかは同じところへと旅立つ日が来ます。
どこへ旅立つのか?といえば、魂の故郷です。
つまり、死というものは、この世で様々な経験を通して磨かれた魂が帰幽することであり、門出のときなのです。

ああしてあげればよかった、こうしてあげればもっと生きられたかもしれないのに…と、残された者の後悔は尽きないかもしれませんが、涙を拭いて、現実をきちんと生きて居る姿を見せていく事も、立派な供養になるのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-23 06:00 | 永作師僧からの便り

密教933 動物靈の恩返し

密教933 動物靈の恩返し_e0392769_17285384.jpg

あるご夫婦は、長年、猫ちゃんが大好きで、三匹の猫を育てて居りますが、
その中の一匹が亡くなり、ご夫婦は悲しみました。
【老齢の雌猫で病気で他界】

ご夫婦は、せめて供養だけはしてあげたいと考え、申し訳なさそうに、私の寺にお出でに成り、
猫の葬儀をして頂けませんか?と尋ねられました。

私は、はい承知しました、と答え、懇ろに御供養申し上げました。
ご夫婦は、涙を流しながら手を合わせ、遺骨に向かい合掌されました。

私の考え方は、人間も動物も命に変わりは無い、が信念であります。

葬儀も終わり、ご夫婦は、お帰りに成りました。
それから一週間、ご夫婦が営むお店が大繁盛し始めたのです。

私が店に伺った時、その謎が解けました。
亡くなったあの猫ちゃんが、ご夫婦に恩返しをして居るのです。

生前よほど愛情を込められて居たのでしょう。正に、招き猫であります。

密教933 動物靈の恩返し_e0392769_17044987.jpg

ご夫婦は、偉ぶる人ではなく、来て頂いても満員でお入りになれないお客様に、丁寧にお詫びをし、また後日、そのお客様が来店されるという正に福の連鎖である。

店というものは、お客様が多ければ、当然仕入れも頻繁に行われ、従って新鮮で良い物が並びます。

また、安価で提供できるので、お客様が口コミで増えます。
店主夫婦が優しく、丁寧に接客をする。
そして、またお客様が増える。
素晴らしい連鎖である。

密教933 動物靈の恩返し_e0392769_21312068.jpg

また、今日も猫ちゃんは恩返しの為、頑張って居るのでしょう。

そして、自分の力がもう必要が無いと理解した時、動物の靈界に帰って行くのです。
久々に良い光景に、私は笑みになりました。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


誰に対しても親切で、愛を持って接しているご夫婦だからこそ、猫ちゃんの恩返しがプラスに働いて、それが良い連鎖となったのですね。

いろいろと世知辛いニュースが多く、愛を信じられ無いという方もいらっしゃるかもしれませんが
こうしたお話を伺うと、真心を込めた行為は伝わるのだなと、あたたかい気持ちになります。

利他心が繋がる世界こそ理想郷であり、極楽なのだという事の証明になるようなお話だと思います。
争いからは、憎しみしか生まれません。
手を携えてこそ良い未来が開けるという事を、今一度、私達ひとりひとりが自覚すべきですね。

今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-22 06:00 | 永作師僧からの便り

密教932 心の貧弱

他人のしあわせを単純に喜べない、自身のしあわせ感は解って欲しい人が増加する昨今、
あなたは、他のしあわせを我が事の様に喜べますか。

密教932 心の貧弱_e0392769_16315912.jpg

自問自答する事も必要である。
それは、自身の潜在意識を捉えるには有効な方法の一つである。
自問自答しても、何も変わらないかも知れ無いが、考えて下さい。

反省も無く、ただ欲望の赴くままに行動して居たらどう成るか?
此れは、老若男女問わず言える事だが、理性は形成されません。

理性無き行動は何を生み出すか、皆さんにはお判りでしょう。
犯罪である。

犯罪者には理性も智性も無い。
あるのは、悪知恵だけである。
私がよく表現する事で、知恵と智慧の違い、心の存在、経験と感動は、全て同じ線状にあるのです。

知恵と智慧の違いは、智慧とは叡智、慧、心眼である。
これを体感する事は、誰にでも平等に出来ます。
しかし、心の眼を開かせる努力は、必要不可欠であります。

ただ、何をすればではなく、己れを見つめ、正しく解釈する事。
それには、智慧が必要である。

密教932 心の貧弱_e0392769_22021951.jpg

その意味で言えば、修行は必要となるかも知れません。
その為に手伝いが必要であらば、私は皆さんに寄り添います。
そして答えを示します。

自身と向き合う事は決して楽ではないが、向き合った時、あなたの中で何かが変わります。
向き合わず答えを得ようとしても、それは机上の空論にしか過ぎません。

机上の空論は、実践では無力である。
自己を見つめ反省し、努力を惜しまず、励む時、光明は、あなたを照らします。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


冷静に自分を見つめ反省すること、時々立ち止まって心の在り方を確認することで、
理性が育まれ、周囲との調和を生み出すのだと思います。

辛い時ほど孤独を感じて、自分がどこに向かっているのか、周囲が自分に望む役割は何であるのか、何が最善なのかが見えにくくなってしまうと思います。
櫂の無い浮舟になったような心細さを解消するには、信仰心という錨と、理性という羅針盤を持つと良いのではないでしょうか。

様々な迷いや悩みに翻弄されるのが人間ですが、それらは自分を成長させるための糧なのです。
ですが、これを糧にするのか否は、自分自身の選択次第です。
悩み苦しみに負けない心を培うのは大変な事ではありますが、一つを山を乗り越えた時には、確実に一歩成長しているのだと思います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2018-11-21 06:00 | 永作師僧からの便り

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る