人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

密教1240  引き寄せ

良きにつけ悪しきにつけ、引き寄せて居るのは自分である。

他を妬み嫉み【嫉妬】から発生する氣は、良いものは引き寄せません。
昔の言葉に「脇目も振らず」と言う言葉があるが、物事に真剣に取り組む時、
他に感情を向けて居る余裕など無いと考えます。
増してや、他を追い落とすなどの感情が入り込む暇などあろうはずも無いのである。


物事を成功させたいと思い行動する時、様々な角度から自己分析をし
失敗しない様に出発しても、思い通りにならないのが現実である。

何の努力も無しで成功した者は皆無である。
霊的に考えても同じである。
悪い霊を引き寄せて居るのも自分なのである。
一度、引き寄せて仕舞えば、あとから後から引き寄せて、最後には後戻り出来無い人生を選んだのも自分なのである。


犯罪を犯し逮捕された者の姿を【霊視】皆さんに見せたい位である。
幾重にも重なり憑依して居る霊は、その人間が破滅して行く姿を楽しんで居るのである。
そして、その人間が完全に破滅して餌としての価値が無くなった時、
離れ、また他の者に憑依し破滅するまで楽しむのである。

昨今のニュースを見て、皆さんは感じるものはありませんか?
弱い人を騙し金を奪い取る詐欺師、簡単に殺人を実行する悪人、イジメ誹謗中傷を繰り返して居る馬鹿者達、まさに犯罪のデパートの様相である。

努力を嫌い怠惰に生き、しあわせだけは欲しい、そんな都合の良い事など有り得ないのである。
まずは、自ら努力し學び魂の向上の為、次の段階を選択する事は、最良の決断である。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


自分の悪しき想念が魔を引き寄せ、自身を不幸にしていく…
恐ろしいですね。

妬み、ひがみ、劣等感など、覚えがある方もおられると思います。
大事なのは、これらの感情に振り回されたり、引きずられたりしないことです。
感情に飲み込まれ、正常な理性が働かないと、そこに魔が付け込む隙が出来、憑依を招くのです。

大切なのは、理性です。
一時的に落ち込んでも、うまく気分転換を図るなどして笑顔でいれば
「魔」ではなく「福」を呼び込むことが出来るのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-30 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1239 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ


【絶望とは愚か者の結論である】
上記はイギリス人、ベンジャミン、ディズレーリの名言である。


人間は、様々な重圧や金銭問題に悩み、逃げ出したい、開放されたいと考えるであろう。
しかし、出来無いと考える時、脳裏をよぎるのは、自爆【自殺】である。

密教1239 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ_e0392769_22160230.jpg

どんな問題であろうと解決策は存在します。
例えば、借金問題であれば、全てを捨てて一からやり直す覚悟があれば解決に向かいます。
それを、話したく無い、他人に知られたく無い、恥ずかしい、などなど様々な理由から
自爆のスイッチを押してしまう人は少なく無い。
しかし、自爆のスイッチは、一度押せば 二度とは、取り返しがつきません。


人間は誤ちを犯すもの。
正だけを行なって来た者を私は知らない。

必要なのは反省し是正する心である。
反省の心が無ければ是正も生まれません。

失敗は誰にでもあります。
しかし、上記を理解せず、新たな事に挑んでも結果は視えて居るのである。

失敗する為に行動を起こす者は皆無であろうが、行動を起こす前に必要な事がある。
それは、己れの力量を熟知する事が肝要である。
昔の言葉に「身の丈に合った生き方をする」事である。

背伸びをして粋がっても所詮、背伸びは背伸びである。
長く続けられるものでは無い事に早く気づき、反省し是正する事である。

自身に傲慢になる必要など無いのである。
御仏も、あなたを守護する霊団も、傲慢な心を持つ者を助け無いのだから。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
一身を犠牲にする覚悟があってこそ、活路を見いだすことができる。

大辞林 第三版の解説



人間というのは「生きる」ことにベクトルが向かっている状態が普通で
望んで「死」へ向かうというのは、自然に反する行為であるために、
大変な労力を要するものだと私は思っています。

その労力を「やり直す」ことに使う方が、よほど建設的ではないかと思います。

物事が最悪の状態になって尚、見栄を張ったり格好つけたりする必要などありません。
ダメなものはダメなんだとすっぱり諦める勇気と、責任を持って決着をつける勇気を持つことは、「死」に労力を使うことよりも重要ではないでしょうか。

「死」は逃げ道にならないのです。


今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-29 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1238 日本の歌

密教1238 日本の歌_e0392769_00450927.gif


その昔、日本人は歌う事で様々な感情を、ある時は抑え、ある時は喜びにかえ、
ある時は耐え忍ぶ心の拠り所に変えて参りました。

その中でも涙を誘うのが子守唄である。
小さな子供が親元を離れ、他人の家で働き、親兄弟の為にけなげに働き家計を支えた。
私は子守唄を聴くと涙を禁じ得ない。
特に五木の子守唄は、胸が痛みます。




拙僧がまだ幼い頃は、日本中が貧しさに喘いでおりました。
以下は私の体験談である。

小学生の頃、友達の家は家族が八人、長屋の一室で寄り添い暮らしておりました。
父親は長い戦争生活で身体を壊し、祖父祖母は高齢で、一家を支えるのは身体の弱い母親と兄弟だけでありました。

兄弟は手分けして自分達が出来る事を探し、家族の為に働き家計を支えて居たのです。
中でも可愛そうだったのが妹でした。
僅かなお金を稼ぐ為に子守をして居た姿は、今でも私の脳裏から離れる事はありません。

小さな身体に赤ちゃんを背負い子守唄を歌って居た。
貧しさとは、時に残酷であり痛ましいものだと子供心に考えました。

今は、そんな風景を観る事は無いでしょうが、心あらば考えて下さい。
子守唄の意味と辛く切ない時代があった事を。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


本当なら、まだまだ親に甘えたい盛りの小さな子供が、家族のために奉公に出され、
背におぶった赤子の泣き声に、自分の心を重ねたのかもしれません。

逃げ出すわけにいかない環境で、現実を受け入れるしかなかった子供らは
今の子供たちとは比べ物にならないほど、早く大人にならざるを得なかったのだと思います。

歌を通して追体験をするとき、諦めにも似た子供たちの気持ちに切なくなりますし
親の立場としては、愛おしい子供たちに苦労をかける切なさや、遠くで健康を願うしかないやるせなさを感じます。

貧困に喘ぐ国はたくさんあります。
すべての子供たちが愛され、平等に学べる環境が整えられていくことを切に願います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-28 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1237 天誅【天の誅伐】

昨今の日本は、狂い始めて居るのでは無いかと思うのは、私だけであろうか?
再婚相手の子供を殺し遺棄する所業、被災地の実情を利用し詐欺を繰り返す鬼畜、
誹謗中傷を繰り返す馬鹿者、数え上げれば切りが無いほどの現状、いつからこんな国に成り下がったのか。

密教1237 天誅【天の誅伐】_e0392769_15093040.jpg


上記の原因は、心【精神】を軽んじて来た結果である!

私は精神論を展開する氣は無い。
警告である【上記の事を繰り返す者達への】。

現界は逃れられても、必ず訪れる死界では、この世の想像を絶する償いが待って居る事を忘れてはならない。

上記を犯し逃げおおせる者は、皆無である。
これを信じようが、馬鹿にして続けようが全て自由である。
但し、人間は生きた様に死に、生きた様に裁かれる事実は残るのである。

一年上記を続けた結果、浄化するには十倍の努力と贖罪が必要と知った時、
それでもやり続けますか?

全ては、霊界の摂理である。
人間界の法律は、社会の秩序と円滑化を測る為の決まり事【ルール】であり、
それすら守れ無い、守らない者が犯罪者と成り、やがて天の誅伐を受け
未来永劫、苦界に身を晒す事に成るのである。

私が何故、この題材を繰り返し書くのか?
苦界に誰も墜ちてもらいたく無いからである。

善人は成仏するが、悪人は成仏出来無いのか?
簡単な話しである。
完全なる反省と完全なる贖罪が果たされれば悪人も成仏出来ます。

しかし、完全な反省と贖罪は、想像を絶する苦行を要する事は言うまでも無い。
死んでからの苦行は、生身より辛く厳しい。
なれば、この世の苦しみを苦行と捉え、修行の道を私は選択する。

反省無き者は、この世の苦を嫌い怠惰に生き繰り返した結果、より巨大な苦しみを自ら招いているのである。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


反省をするためには、自分が悪いことをしたと自覚していなければ出来ません。
悪事を働いているという自覚がなければ、現界で反省し、やり直すことは無理です。

長期に渡る虐待も、詐欺や誹謗中傷も、やっている方は、「悪事」の自覚がないのだと思います。
自覚のない者が増えているからこそ、今、日本が狂い始めていると言えるのかもしれません。

死んでから後悔しても遅いのだと、これまで何度もブログで書かれています。
自分の行動の是非を問うことが出来なくてはいけないのではないでしょうか。


今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-27 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1236 愛別離苦

家族、友人、自分が愛する人との別れは、辛く苦しい経験である。
出来る事なら永遠に一緒に居たいと想うのは、当然だと考えます。
しかし会うは別れの始まり、その定めを変える事は出来ません。

密教1236 愛別離苦_e0392769_00303578.jpg

私も五人の家族を亡くして参りました。
嘆き悲しみ血涙を流し苦しみました。
そんな私を救ってくれたのは御仏の教えでした。
其れは事細かく細部に至るまで解かれ、私は救われました。
そして今度は、救う為の御役目を授かり現在に至ります。
以下は経験談であります。


ある地方に修行に行った時、お墓で涙に暮れるお年寄りと出会い
私は意を決して話し掛けました。

そのお年寄りは、ある事故でご家族が亡くなられたのである。
それも、 一緒に仲良く暮らして居た全員が帰らぬ人となってしまったのです。

涙を流し語る姿を見て、私は暫し絶句しました。
そしてお年寄りは、言いました。

「お坊様、家で亡くなった家族の為に拝んでくれまいか」

私は快諾してお宅に向かい、供養を始めさせて頂きました。

その晩は、お年寄りの勧めで一夜を過ごす事になり、ゆっくりお話しを伺い、
私も法話をさせて頂き、私も身の上話しを【私が何故、僧侶になったか】させて頂きました。

お年寄りは感銘を受け「自分の歳では僧侶の修行は無理なので、諸國巡礼の旅をしたい」と言われるので、私の知る限りの方法を教えた時には明け方になっておりました。

愛する人を供養したいと思う心は尊く、必ずや霊界に居るご家族に届いて居る事でしょう。


あれから数十年が経過した今、きっと愛するご家族と再会し安心の境涯に到達された事であろう。
人間界は魂の旅路、終点は霊界なのである。
この世を精一杯生き、経験を感動に転換できた時、愛の天使が迎えに来てくれる日まで學びながら待つが良いと考える次第である。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


現界に生を受けている時間は、靈界からみればほんの僅かな間でしかないと、以前に師僧に教えていただきました。
ですから、愛する人との別れも、魂の時間で考えたなら、きっと僅かな間なのでしょう。
しかし、肉体を持つ間は、その苦痛が永遠に続くかのようにに感じるものです。

その痛みも、やがて時間が癒してくれるものですが、
涙で曇った視界が晴れたように感じられた時、私たちは別れを乗り越え、
新たな一歩を踏み出す強さを身につけることが出来たと言えるのではないでしょうか。

立ち上がるための力やきっかけは、人によって様々かと思いますが
「別れ」も経験のひとつであれば、その経験から得るものは、必ずあるはずです。

傷ついた心をなかったことにせず、痛みと向き合い乗り越えた経験は
他者の心の痛みにも寄り添える優しさや、情の深さとなって、人生に彩りを添えるものとなるのかもしれません。


今日もありがとうございます

慈葉

***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-26 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1235 歪曲した価値観

人間は、それぞれに価値観を有して居るが、普通の人の価値観は、別段、これと言って他を害する事も無く成長し、より良く変わって行くであろうが、歪曲した思想を持った者の価値観は、全てが自己中心である。

ある時は、被害妄想的で有ったり、自虐的に考え、常に他と比較対象し己れを哀れむ事に終始し、
満たされない気持ちを抱き続けた結果、絶対に選択してはならない行動に移る事が多々ある。

人間は、心も身体も成長する生き物であるが、ただ安穏に【ぬるま湯】過ごして居ても
心の成長は望めません。
様々な苦難を乗り越え、努力と精進を重ねて、自分の中に反省の心を確立した時、成長があるのです。

密教1235 歪曲した価値観_e0392769_16540642.jpg

學ばぬ者に成長無く、真理から眼を背ける者に真実は視えぬは、道理である。

これから科学や医学が発達し、人間の寿命が意図的に延ばせる時代が来ても、
學ばず金銭欲のみに走り生き長らえても、精神年齢は低いままである。

皆さん想像して下さい。
例えば会社の上司が歪曲した価値観を持って居たら?
また、ある国の様な独裁者が、花火を上げる様にミサイルを乱射して居る現状が普通でしようか?

歪曲した価値観は、国を滅ぼし人間を滅ぼさ無いと言い切れますか。
心の躾けは、學びと反省が無ければなし得ないのだと考えます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


国や軍のトップが歪曲した価値観の持ち主であったなら…
報道等を見る限り、ですが、既にそうであるといえるようなところもありそうです。

独善的、偏執的な発言や行動は、視野の狭さからくるもので
大局的な視点をもたないからこそではないでしょうか。
あくまで「自己の利」を追求することは、他を切り捨てても構わないということの表れとも言えます。

つまり「利己的」なのです。

日本には、聖徳太子の有名な「和を以て貴しとなす」という言葉があるように
協調性を重んじる風潮があります。
他と協調するということは、自己を抑えていいなりになるということではなく
「わかりあうためにしっかり話し合い、お互いの妥協点を見出し、そこに向かって連携していく」ということだと思います。
他を切り捨てるのではなく、他と自を生かす「利他の心」があるのです。

利他心を持たぬ者と、歪曲した価値観を持つ者は、イコールでつながるのかもしれません。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-25 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1234 命の軽視

殺人事件は何故繰り返されるのか?
全ては、命の軽視から始まった愚行である。

では何故、命を軽視出来るのか?
その理由は様々に捉えられて居るが、根底にあるのは「現界が全て」と考えて居るからである。

全ての人が霊的真実を知れば、この世から犯罪は無くなるであろう。
特に犯罪者は、その恐ろしさに震え上がる事は間違え無い。
何故か?
知らないから犯罪を起こせるのである。
知っていれば、絶対にやろうとは考え無いからである。

密教1234 命の軽視_e0392769_22391266.jpg


犯罪者の末路【死後】は、筆舌に尽くしがたい恐ろしさである!

正に、文字では形容し難い悲惨さであり、反省も届かない世界なのである。
反省すれば許される様な、甘いところでは無い事を断言して置く。

誰でも視る事は出来る。
但し死後にである。
上記を否定しようがしまいが、必ず知る事になる。
その時に慌てても、もう手遅れなのである。

否定する事は簡単に出来るが、現実を変える事は出来無い【全てに共通する真理】
では肯定する方法はあるのか?

あります。
學ぶ事である。

人間は、學ぶ事で様々な智慧を身につける事が出来る存在なのである。
學ばぬ者に真実が示される事は無い。
霊界は皆が學び目覚める事を望んで居るのです。

仏教的、地獄極楽絵巻は、その時代の人々にわかりやすく理解して頂く為に創作されたものだが、間違えでは無い。
例えば、地獄の閻魔大王や牛頭馬頭といった獄卒は、霊的に視れば高級霊なのである。

反省してから来る改心を促す為の存在と考えれば理解出来るであろう。
學びは、自らが咀嚼、反芻する事で、揺るぎない智慧となり、やがて信念となり自らを助ける事に成るのである。

怠惰は、後悔を産む種となり、高じれば身を滅ぼす核となる。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


自分さえよければ…という、利己的な思考回路が、犯罪を引き起こします。

人間である以上、誰しもが、多かれ少なかれ利己的な部分というのはあるものだと思いますが
犯罪であったり、道徳に反することなどに手を染める前に
「ちょっと待てよ」と、理性でストップをかけることが出来る人と、出来ない人の違いは
學びの有無ではないでしょうか。

霊的真理を學び、利他の心で生きる人、優しさや慈しみを育んでいる人、
自己を省みることが出来る人は、理性のブレーキを効かせることができるのだと思います。
そして、たとえ間違った行動をしたとしても、反省し、何がいけなかったのを考え
気付きを得て、次は間違えないようにできるのです。

學びは理性を育てるのだと思います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-24 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1233 行動は心の映し鏡

密教1233 行動は心の映し鏡_e0392769_21524886.jpg

昨今、連日報道される事件を見るにつれ思う事は、人間の卑しさである。

イジメ、誹謗中傷に始まり、煽り運転、詐欺、殺人と
見るに耐えない事象は、人間の中にある卑しさが最大の原因である。

では何故、上記のような行動が卑しいのか?
簡単である!
警察に捕まる訳が無い、バレる筈は無い、証拠が無ければ大丈夫、
すべて卑しさからでる感情からである。
生きて居る現界が全て、今が全て、それが刹那の思想である。


現界の法律の眼は逃れても、霊界の眼を逃れる事は何人も出来無いのである。
それが分からず愚行に走り、卑しい行動に明け暮れる事こそ人生の無駄使いである。

正に情け無さの極み。
現界に生を受けた事の意味は、因縁を解消する為なのである。

前世で重ねた因縁【カルマ】を解消し、来世に繋げ、
浄化の機会【チャンス】を得た証なのである。
それも分からず愚行を重ねる事は、せっかく得た好機を踏みにじる事に他なら無いのである。


では、踏みにじった結果どう成るのか?
前世で積み重ねた因縁【カルマ】は、何重にも膨れ上がり、来世は苦しみを重ね
それでも理解出来ぬ場合は、想像を絶する結末を迎える事になる。

霊界の裁きは、完全に本人が理解、反省、浄化するまで続くのである。
言わば未来永劫に続くのである、現界の裁きは霊的に見れば一瞬なのである。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


生れてきた意味を知り、真摯に人生を生きようと思うとき
そこに卑しさなどあろうはずもないと思います。
人間の霊的側面を理解せず、物質的価値観に染まってしまうと
刹那主義な生き方に染まってしまうかもしれません。

しかし、それではいけないのです。
「生きる」ということから目をそらさずに、自分の責任において歩みを重ねなければ
いつまでも物足りなさを解消できず、それが卑しさを生む原因になるのではないかと思います。


今日もありがとうございます

慈葉


***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-23 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1232 協力と協調

密教1232 協力と協調_e0392769_18531242.jpg

当院では、警察、諸官庁に率先して協力させて頂いております。

何故、僧院が警察、諸官庁に協力させて頂くか?

皆さん考えて下さい。
今、私達の周りを率直に見た時、安全ですか。
煽り運転、詐欺師、泥棒、殺人、ありとあらゆる犯罪が渦巻いている。


この現実を打破するには、官民一体の意識向上が無ければ
払拭する事は、不可能であると私は、考えます。

イジメ、誹謗中傷に依る被害者の窮状が表に出ています。
イジメ、誹謗中傷は、犯罪である、声をあげましょう。

警察官の方々は、私達の協力が必要なのです。

密教1232 協力と協調_e0392769_01205709.jpg


犯罪者は、全員嘘つきである!
自らの罪を軽減する為ならば、平気で嘘八百を平然と並べます。
其処に必要なのが証拠である。

証拠を提示、出来るのは私達なのです。
めんどくさい、関わりたくない。
しかし、あなたが当事者になった時、面倒だ関わりたくないと言えますか。
様々な事件を自らと合わせ見て下さい。

私達が率先して警察に協力する事に依り、様々な事件事故を解明する事が出来るのです。
また、犯罪者への抑止力にも繋がるのである。
対岸の火事を眺めていては、鎮火はありません。


現代社会において、被害者を無くす事は急務であり、それにより犯罪者も激減するのである!
犯罪者も同じ人間であるが許してはいけないのです。

確固不抜の信念を持ち、平和の礎を築けるのは私達なのです。
悲しい事件をこれ以上見たく無いのであれば、警察を嫌わず協力して行く事こそ大切なのでは無いでしょうか!

当院には、良く警察官の方々がお立ち寄り下さいます。
当院は、これからも警察の方々と協力し、皆さんの安心安全に寄与して参ります。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛合掌赤不動明王院
院主永作優三輝


毎日、本当に様々な事件・事故が起こっています。
特徴のある人や、特別な訳アリの人達だけが被害にあうのではなく
一般市民の私たちが、いつ何時巻き込まれるかわからない状況です。

早期解決のためには、情報が大切です。
自分が見知ったことで、手がかりになりそうなことを警察に提供するのは
当然の行動であると思います。

また、詐欺事件やストーカー被害などは、”もしかしたら…”と、思った段階で
警察に相談しておく(相談したという実績を残す)ことも大切です。
それにより、被害を未然に防ぐことも出来ます。

今日もありがとうございます

慈葉

***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-22 06:00 | 永作師僧からの便り

密教1231 祈祷行脚【人身御供】

それは、一人の相談者から始まった。

その相談者は、過去に何をやっても、上手く行きそうに成ると壊れの繰り返しだと言うのである。
私は、ある秘法を持って相談者の過去と前世を霊視する事にした。


霊視を始めて分かった事は、相談者は前世で人身御供とされ
異性も知らず無垢な乙女の時に、人柱として生きたまま守りの要にされたのである。

その昔、城の普請や橋の土台として、無垢な少年少女が生き埋めにされた時代がありました。
中には、自分の立身出世の為に我が子【長男を父親が首を切り魔物に捧げた】を人身御供に捧げたと聴き及びます。

人身御供に捧げられた者は、呪縛され長い年月身動きさえも出来ない状態に置かれる。
本題に戻るがその様な前世を持つ人は、想い癖に悩まされる事があります。
【前世の記憶】動いては行けない、動けない、意識とは、関係無く言いに言われ無い呪縛を感じ続ける事あります。

それが癖【想い癖】と成り、決断が妨げられる事が多々ある。
その結果、良きに付け破断と成るのです。

私は相談者の因縁を解く為にある秘法を修しました。
その後、相談者は結婚し、今では子供に恵まれしあわせな毎日を過ごし
私の弟子として御仏とある暮らしを実践しております。

人間は、自らの力では、どうしようもない事も多々あります。
時には、御仏にすがり御慈悲を願うも道である。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝


前世のことが、現在の生活に影響を与える…
もちろん、悪いことばかりではないのでしょうが、私たちは得てして悪い結果が出るときにだけ意識を集中してしまいがちです。
(良いことが続いたからといって、霊能者に相談する人はあまりいないのではないかと思います)

諦めたり、挫けたりする前に、相談する場所があることを知っていただきたいと思います。

今日もありがとうございます

慈葉




***

沢山の方にお読み頂きたくランキングに参加しております
応援クリックを頂けると励みになります<(_ _)>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 密教・修験道へ



by jiyou-925 | 2019-09-21 06:00 | 永作師僧からの便り

金剛山赤不動明王院 永作優三輝師僧のもとで霊的真理を學ぶ慈葉のブログです


by 慈葉
プロフィールを見る
更新通知を受け取る